F700GS-林道&整備記録

F700GSで林道を楽しむために日々努力するライダーの記録

SHORAIバッテリーの話

こんにちは。じろぽんです。

今日はSHORAIバッテリーの話。

 

うちのF700GSは初年登録が2013年5月ですが、今年2017年の2月に初めてバッテリー交換しました。4年9カ月。

 

突然死の悪評も多いBMW純正バッテリーとしては長生きした方でしょうか。

 

しかし全く問題が無かったわけではなく、3週間に一度くらいは補充電が必要だったのでなかなか面倒でした。

しかもF700GSには標準でグリップヒーターが付いていますが、バッテリーが弱ってくるとその低くなった電圧値から判断してグリップヒーターが作動しなくなるようなのです。

 

ですので、2014年の2月頃からはグリップヒーターを使おうにもアイドリングぐらいでは作動させることができず、回転数を高くした状態でグリップヒーターONする必要がありました。しかも一度低電圧判定されてしますとキーOFFしないとリセットされないので、ヒーターONしなかった場合は一度エンジンを切って再TRY。

何度か繰り返してもだめでヒーターがあるのに使えないというような日々が長く続いたのです。

 

しかし最近ついに補充電しても始動が弱くなったので、バッテリー交換することにしました。ここで問題はバッテリーの選定ですが、林道に行く身としては少しでも重量を軽くしたいのでリチウムバッテリーがいいのですが、値段・信頼性の面で鉛バッテリーと悩んでいました。

 

選択肢はこちら

 リチウム

  ①SHORAI (バイク用リチウムバッテリーの先駆け?値段は高め)

   ②SKYRICH (KTMなんかで使われているらしい。SHORAIよりは少し安い)

  ③AZ  (最近バイク用品店で良く見る)

    ④PERFECT POWER (あやしいにおいのただよう中華製。値段は安いがレポ少  なく買うなら人柱確定?)

 

 鉛

  ⑤台湾ユアサ (値段が安いが当たり外れがあるらしい)

  ⑥AC DELCO (互換格安バッテリーの先駆け?台湾ユアサより若干高い)

ACDelco [ エーシーデルコ ] シールド型 バイク用バッテリー DTX14-BS
 

   ⑦MAXIMA (なんとロードサービス付きなのに安い!)

    ⑧日本ユアサ (安心の日本製。値段がSHORAIとあまり変わらない・・・)

 信頼性なら⑧が一番だと思うのですが、早々に自分の中では軽量化という付加価値か値段を取るかの2択となり、①~⑦で悩みました。⑦のロードサービス付きというのも魅力でしたが、そもそも林道ではロードサービス呼べなそう・・・。結局バッテリーだけで2kg以上軽量化できるという魅力には抗えず、リチウムに絞って①~④で選ぶことに。

 

色々調べてみましたがどれも不具合報告は上がっていて割と当たり外れがありそう。ただ調べた印象としてはSHORAIの不具合は2~3年前のものばかりで最近のが少ない感じ。不具合が解消された頃かな?

 

また①~④は純正同等のYTX14-BSの互換品という触れ込みですが、バッテリーメーカーの適用表でF700GSが正式に設定されているのは①のSHORAIだけです。

さらにSHORAIは実は今持っている別のバイクでも5年以上使えている実績があるので、(SHORAIが日本に入ってきた頃にライコランドさんで安売りしてた)値段は一番高いですがSHORAIでほぼ決定しました。

 

ここで事前確認。SHORAIバッテリーの最大充電電圧は14.4Vとのことだったので、念のためエフナナの充電電圧を測定します。測定方法はエンジン始動状態4千回転以上でバッテリー端子間の電圧を測定。エフナナは14.2Vでした。この値は個体差もあるようなので、念のため自分のバイクで測定した方が良いようです。

これで安心してポチッ!

 

ワイモバイルユーザーなのでちょうどヤフーショッピングのポイントアップキャンペーンを利用したのでポイントがいっぱい付いてお得に買えました。

f:id:jiropon:20170514194049j:plain

うん。バッテリーの向きが悪いね。違いが分かり辛い。

右がSHORAIで左が純正です。高さと前後左右方向全てが少しだけ純正より小さいです。舗装路だけ走るのならそれほど問題無いと思うのですが、林道走行する身としてはこれがクセ物でバッテリーが暴れるとバッテリー自身やハーネスにダメージを受ける危険があります。

 

そのためにSHORAIバッテリーには寸法調整用のスポンジが大量に同梱されているのですが、エフナナのバッテリーケースは前側の押さえが左右少ししかなく、中央部は何やらの制御ユニットのヒートシンクのための隙間になっているので、スポンジで埋めてしまうのは躊躇われます。

 

そこで仕方なく板厚3mmのプラ板で左右の受けをつなぐ部品を作りました。少し苦労したので、単品の写真は撮るのを忘れました・・・

 

また一番問題になりそうな違いは端子部分がBMW純正よりも低い位置にあって、+端子を締めるために工夫が必要なことです。ネットを漁ったところではハーネス側の端子を曲げて着けた人もいましたが、私は別の手法で締めることにしました。

f:id:jiropon:20170514195028j:plain

バッテリー中央上部がプラス側の端子より高いので、プラス側は前で結線しています。分かりずらいですが、この端子の下に見える板が作成した板です。バッテリー高さが低くなった分と左右の小さくなった分はスポンジで調整しています。

 

少し苦労しましたがこれでがっちりと留まり林道も安心。

実際に林道走行後に確認しましたが問題ありませんでした。

 

あとバッテリー検討中に少し気になっていた問題を確認したので記しておきます。

SHORAIバッテリーは自己放電が少ないのですが、アラームなどの盗難防止を付けていると割と短期間でバッテリー上がりを起こしてしまうそうです。私のエフナナには盗難防止はついていませんが、鉛バッテリーの弱りが早かったので自己放電が多いのかと心配していました。

 

バッテリー交換をしてから1~2週に1回30km程度の走行で過ごしてきましたが、5月現在でも電圧は14V(新品で届いた時は13.5V。補充電はせずに取り付けました)を保っており特にバッテリー上がりの心配はなさそうです。

 

WEBIKEさんからSHORAI製品1000円引きクーポンが届いていたので充電器を買おうか悩んでいたのですが、買わなくていいかな?

今後も電圧は定期的にチェックして追記していきます。

※追記;2017年7月でも14Vのままでバッテリーを付けっぱなしでも補充電無しで運用できてます。(基本的には1~2週に1回30~200km程度の走行)

 

※追記2;2017年10月 ここ1カ月は2週間に1回20km程度しか乗れなかったら少し放電して13.8Vくらいでした。

14Vを切ると低速で負荷が増えると(低回転でクラッチを繋ぐなど)エンストしやすく感じます。

 

あとリチウムバッテリーは寒いとライト点灯など少し負荷を与えて”起こす”作業をしないとセル始動できない場合があるとも聞いていたのですが、埼玉の2月の寒さくらいでは問題ありませんでした。

 今日はこれにて終了!