F700GS-林道&整備記録

F700GSで林道を楽しむために日々努力するライダーの記録

番外編 ZZR250のフロントフォークシール交換(前編)

こんにちは。じろぽんです。

 

今日はZZR250のフロントフォークのオイルシール交換を途中までしました。

f:id:jiropon:20170812191703j:plain

絶賛オイル漏れ中。

 

でもF700GSのフロント標準車高化の練習にはピッタリかも。

今までやったことないんですよね~。

練習台になってもらいましょう。

 

まずはオイルシールを打ち込むための塩ビ管を買いに行ってきました。

 

塩ビのストレートジョイント

f:id:jiropon:20170827213745j:plain

 

インナーチューブ外径37mmに対し内径38mmnなので丁度イイサイズ。

でもジョイントなので真ん中部分にストッパー用に絞られた部分があります。

なので削り!

f:id:jiropon:20170827213945j:plain

ドリルの先端に削り工具を付けて削りました。

意外と手間取ったけど耐水ペーパーでならしたら割とイイ感じ。

 

手間を考えるとオイルシールプッシャーを買った方が安かったかな?と調べてみる。

 

(STRAIGHT/ストレート) フロントフォークオイルシールプッシャー 19-8701

(STRAIGHT/ストレート) フロントフォークオイルシールプッシャー 19-8701

 

 そうでもないか。塩ビジョイントが200円ちょっとだけど専用工具を買うと4000円くらいはするみたい。

 

準備が整ったところでバラします。

f:id:jiropon:20170827214448j:plain

今日は雨予報だったので雨が降り始めたらすぐに撤収できるようにガレージに後から入れてフロントを上げました。

 

地味~にいろいろ固着していてフロントフォークを外すのに手間取りました。

f:id:jiropon:20170827214946j:plain

走行84000kmともなると色々大変!

(しっかり手入れしてないからという話も・・・)

 

コンパウンドでインナーチューブの錆や傷をならしてからフロントフォークを分解。

錆ならしが地味に時間かかる・・・。

 

f:id:jiropon:20170827215158j:plain

ボトムのボルトは今回は電動のインパクトで簡単に外れました。

 

以前右側をバラそうとした時は電動インパクトでも緩まずバイク屋さんに泣きついてインナーチューブ交換してもらいました。

 

ここまでで既に5時・・。

 

組立!

申し訳ありません。

ここからはオイルまみれになったので写真はありません。

 

インナーチューブ先端にラップを巻いてフォークオイルを塗りたくります。

そこにオイルシールを入れていって手で入るところまで押し込みます。

 

ここでおもむろにボトムボルトの締め付け。

ボトムボルトはガスケットを交換して手締めしますがなかなか締めつけられません。

仕方なくいいのかな~と思いつつインパクトでギュっと締め付け。

ばっちり締め上がりました(多分オーバートルクで・・・)

 

で、今回作った塩ビ管でオイルシールの打ち込み。

なかなか奥まで入らないな~と思ったらオイルシールの外周側にシリコンオイルを塗っておくのを忘れていました。

でも既に手遅れ。このまま続行。

 

やっとの思いで打ち込み終わったら既に日暮れ。

まだ7時前なのに日が暮れるのが早くなってきましたね。

 

時間に追われて結構雑に打ち込んだからオイル漏れるかもな・・という悪い予感はします。

とりあえずオイルは入れずにフロントフォークを組み上げるだけは組み上げて作業中断。

部品をトレーにまとめてガレージに放り込みました。

 

続きは来週以降。

オイル漏れしないといいな・・・。

 

今日はこれにて終了!