F700GS-林道&整備記録

F700GSで林道を楽しむために日々努力するライダーの記録

ガード類の話

こんにちは。じろぽんです。

今日はガード類の話。

林道に行く前にこれだけは是非そろえましょうという品。

まずは何よりもエンジンガード

f:id:jiropon:20170526224449j:plain

エンジンガードは見て分かる通り傷だらけです。巻き上げた石やギャップで下を擦ったりしてこれだけの傷が付きます。うちのエフナナはローダウン車なので下回りにダメージを受けやすいのです。ですがエンジンガードがいい仕事をしてくれているおかげで車両本体やエンジンへの傷はほとんどありません。

もしもこれが無かったらオイルクーラーやオイルフィルター、エキパイ、排気キャタが傷だらけになったり、大きなダメージを受けてオイル漏れして走行不能などになっていたかもしれません。なのでローダウンのエフナナで林道を走ろうと思ったら必需品といっても過言ではありません。

一度などは林道で木の切り株に気付かずにエンジンガードをぶつけてしまったことがあるのですが、ガードはねじをインサートしたゴムのマウントなので少しエンジンガードの前側が変形しましたが車両本体はもちろん、エンジンガードの取り付けなども問題ありませんでした。オイルフィルター交換の手間を考えてエンジンガードを着けたままオイルフィルターを外せるものを選ぶ方もいるようですが、私のように切り株に突撃してしまったときにはオイルフィルター部を強打してしまうことになります。安全性を考えたら是非オイルフィルターまでカバーするものを選びましょう。

そしてクラッシュバー(エンジン横の棒)こちらもエンジンガードに劣らずいい仕事をしてくれます。

f:id:jiropon:20170526224420j:plain

 左右のバーはラジエターの下で繋がた上でエンジンとフレームに留めているのでかなりの強度です。また写真で見るとわかる通りかなり上の方、カウルの下側まで覆っています。なので立ちゴケくらいではクラッシュバーとピリオンステップ、ハンドルエンドが接地するくらいで本体にはほとんど傷が付きません。そしてクラッシュバーに傷がついても黒のタッチペンで塗っておけばほとんど分かりません。

一度林道で土の上の落ち葉だと思ったら下にコンクリが敷かれているのに気付かずに結構な勢いで滑って転んだことがあるのですが、エンジンガードがいい仕事をしてくれたのでバイク本体はマフラーと気持ちが少しヘコんだだけで済みました。

20170527223649

f:id:jiropon:20170527224248j:plain

割と派手に転んでもこれくらい。でももし純正オプションのアクラポマフラーとかにしているとマウント用の固定バンドがカーボンなので割れるかも?と思いました。

どちらもSW MOTECH製で私はユーロネットダイレクトさんで購入しました。値段は以下の通りでした。このとき同時にセンタースタンドも買っていて送料は3品トータルです。

1カ月くらいで届きました。ユーロネットダイレクトさんは納期が少し長いですが国内で買うよりも大分安く買えるので助かります。

sw_SBL_07_556_10000B  SW-Motech Crash bar -black- for F650GS(08-)/F800GS(08-) /F700GS  ¥16,600 

sw_MSS_07_560_10001S  SW-Motech Engine Guard -Silver- for F650GS/ 700GS/ 800GS  ¥16,600 

sw_HPS_07_201_10000B  SW-Motech Center Stand -black- (lower suspension setting) for F650G/F700GS  ¥11,100 

Product Total: ¥44,300
Shipping: ¥10,400
Grand Total: ¥54,700

 ※この価格は2014年のものです。ご注意ください。

この二つがあればF700GSでも安心して林道に突撃できます。必需品の安心装備です。

これに対して純正のクラッシュバーやプーチのクラッシュバーだとあまり上まで覆っていないので見た目はスマートなのですが、もんどり打ってひっくり返るとクラッシュバーを支点にスクリーン側が接地してしまうこともあるようなので要注意です。

ただプーチのは値段が安いので使い方次第ではこちらの方がお得ということもあると思います。

今日はこれにて終了!